正しく渡る、家づくりのポイント

家の足元を固める
住宅地盤改良のリスク

地盤調査の結果、軟弱地盤と診断されれば不同沈下によって家が傾くのを防ぐため、基礎の拡張・地盤改良を行うことになります。
代表的な工法は下図の3 つです。地盤改良のほとんどは下図の工法になり、多くの場合、②の柱状改良工法(セメント系)を用いることになるのが現状です。

住宅地盤改良
健康被害 資産価値下落 品質不良

正しく渡る、家づくりのポイント地盤は、あなたの大事な家を支える足腰にあたります。
補強が必要になった際には、以上の問題を解決するご提案をさせていただきますので、ご安心ください。

詳しくはこちら
家を長持ちさせる
木材劣化対策が不可欠

日本の住宅の平均寿命は約30 年程度で、世界先進国に家と比べると半分から1/5 ほどしかないと言われています。
その要因を大きく占めるのが、土台や柱・梁など構造材の腐れやシロアリによる被害です。
その発生率は、およそ3~4 軒に一軒と言われ、大切な住まいの資産価値を損なってしまいます。耐震性や構造材である木材が健康であってこそ意味があります。
そのためにも、木材劣化対策が不可欠です。

木造住宅の劣化原因
効果の持続性 人にも地球にもやさしい

正しく渡る、家づくりのポイント 防腐防蟻処理は、家族とお家の健康を守る大切な工事です。
人やペットにも安全で効果が持続する解決策がありますので、ご安心ください。

詳しくはこちら
家を快適にたもつ
目には見えない不快な要素が多く存在します

「夏涼しく、冬温かい」は新築住宅ではあたりまえの機能です。
しかし、断熱性が高くても快適な暮らしは実現できません。
断熱材選び、難しく考えずに、家を何で包み、家族が快適に暮らすためにはどんな
機能性が必要か?

断熱材機能
湿度 音 カビ臭い

正しく渡る、家づくりのポイント 「断熱性能」はあたりまえ! その他の機能もチェック。

詳しくはこちら
正しく渡る、家づくりのポイント グラウンド・ワークス 動画でわかる事業紹介 グラウンド・ワークスがお見せできるのは「見えない部分」の安心です。

スクロールをトップに