液状化について

地震被害の報道などで耳にする機会が増えた「液状化」言葉は聞いたことがあっても、どういった仕組みで液状化が起こるのか、どういう地盤で発生する現象なのかご存知ない方も多いのではないでしょうか。

液状化とは?

液状化現象のメカニズム

液状化は、水分を多く含む砂質の地盤で発生する現象です。このような地盤は、すき間に水を多く含みながらも砂粒同士がくっついている状態です。そんな状態の地盤が地震によって強く揺さぶられます。揺さぶられることにより、くっついていた砂の粒同士が離れ、水に浮いた状態になります。バラバラになった砂の粒が沈むことにより地震前より砂が密な状態になり逃げ場を失った水が地面に水と砂が出てきます。これを噴砂と呼びます。

液状化によりもちあがったマンホール 噴砂により部分的に盛り上がった敷地
液状化によりもちあがったマンホール 噴砂により部分的に盛り上がった敷地

お住まいの地域の地盤は大丈夫?

「液状化」はどのような地盤でも起こるものではありません。
埋立地や海岸のそば、河口など砂質地盤のところで発生する現象です。
いくら建物に耐震対策をされていても肝心の建物を支える地盤が液状化を起こしてしまえば建物を支えられなかったりマンホールや下水管が押し上げられライフラインに支障を起こしてしまいます。今後起こりえるかもしれない地震に備えてお住まいの地域の地盤がどういった状態なのか知っておくことも大切です。
液状化の試験方法はお気軽にお問い合わせ下さい。
静岡県の地震被害想定はこちらから確認できます。

お問い合わせ
ハイスピード工法 お仕事の流れ よくあるご質問
グラウンド・ワークス 動画でわかる事業紹介 グラウンド・ワークスがお見せできるのは「見えない部分」の安心です。

スクロールをトップに